10キロダイエットから学ぶ❝がんばらない❞4つの戦略+α

僭越ながら、先月一年と経たずに10キロの減量に成功しました。


けっして無理な一過性のやり方ではなく、筋トレと食事改善を中心とした合理的手法でおこないました。


今では筋肉量が増えて新陳代謝が上がり、「太らない体質」になりました。






  

 

         「ジムで4時間してます」

 









    「すごい。ストイック!」







当人からすれば、「がんばった」という感じではないんです



❝小さなことを積み重ねることが、とんでもないところへ行くただ一つの道❞


とはイチローのことば。


実際はじめた頃は、筋トレ30分・有酸素30分でバテバテでした。


毎週続けることで、より重く、より長く、していくことができました。



今回は、そんな個人的体験から得た ❝がんばらない❞仕組みを共有することで、みなさんの学習に一つお役に立てればと思います



この記事の信頼性の担保として、筆者は10キロダイエットの他に、


  • 英検1級に3回合格
  • 英単語検定1級に合格

 

しているので、コツコツ続けるのは割と得意な方なのかなと思っています(ちなみにお金を貯めることも得意です😋)


それでは見ていきましょう! 




まずは筆者の、ジムのルーティンをご紹介します。回数や順番も理由があってそうしています。

 

① 運動は週2回。月曜日と金曜日に行く

② トレーニングメニュー

  ❶ トレ前に脂肪燃焼サプリを飲む

  ❷ BIG3を中心に、大きい筋肉⇒小さい筋肉の順番で筋トレ(1時間)

  ❸ 筋トレ後に有酸素運動をする(90分〜2時間)

  ❹ サウナに入る(30分)

③ アプリで記録する

④ プロテインを飲む+好きなものを食べる


休憩や着替えも含めてざっと4時間。ここには継続できる4つの仕組みがあります。

 


②(❶〜❹)プロに学ぶ

順番が前後してしまいますが、まず大前提として、正しい方法でやらないと結果は出ません


筆者は筋トレを始める前に、3ヶ月間パーソナルトレーナーをつけてみっちり指導してもらい、その後トレーナーを外して自分ひとりでできるようにしました


私は独学派より、プロから直接学ぶ派です!


ネットをググれば無料の記事はいくらでも見つかります。しかし一貫した行動を取ることができないのはなぜでしょう?


いろいろ理由はありますが、結局はその人の本気度です。筆者は調べることに時間を無駄にするよりも、お金を払ってプロから学びます。

 

受験勉強も同じですが、


このように遠回りや無料の情報ばかり探していると、

大切な学習時間が奪われてしまいます




① 曜日で決めてしまう

ジムに行く日は月曜日と金曜日と決めています。これだと感情に左右されることがありません。

「あ、火曜日だからゴミ出しの日か」と同じ感覚です。

 


月曜日だからジムに行く。


金曜日だからジムに行く。


そこに感情やエネルギー、やる気は要りません。


皆さんも、曜日で日々の学習を固定化しませんか?




③ やったことを記録する

トレ後は毎回アプリで記録します。人は「前の記録よりも下回りたくない」という気持ちが作用するようで、たしかに記録つけててそう感じます。


ちなみに筆者は、英語学習には勉強記録管理アプリ「Studyplus」、お金は家計簿アプリ「マネーフォワード MEを使っています。

 


(いつから記録したのか忘れたけど、総学習時間が5000時間を超えてた。習慣は偉大なり)


皆さんも、記録して勉強した努力を積み上げていきましょう✨




④ やるべきこととご褒美をセットで

トレ後は好きなものをなんでも食べています。


一過性のガマンより、継続できる方に軍配が上がります


筋トレ後には毎回楽しみがあります。

だから「筋トレ=楽しいこと」になっているんです。


スタバが好きなら、がんばったご褒美に行きましょう😊☕


(つづく)

コメント

このブログの人気の投稿

中村先生のご紹介

高城先生のご紹介

野口先生のご紹介