投稿

山口先生のご紹介

イメージ
本日ご紹介する先生は,   東京大学大学院卒業・身長190センチの大型プレイヤー 山口先生 です!!   生徒の反応は決まって 「一見怖そうだけど優しい。」 めっちゃ穏やかです(笑)! 話していて楽しい!そして賢いです。 よ、学者肌。   ご出身は鹿児島になります。 地元の名門・鶴丸高校を卒業後,九州大学理学部に進学。そしてストレートで東京大学大学院に進み,理学修士号を取得。地震研究をされていました 。卒業後は JT で働き,知財コンサル業務をおこない,関東の方で働いていましたが,福岡に来てから教える仕事を始めました。     「本当は東京大学に行きたかった。」 この想いを胸に,九州大学合格後も次の大学院入試を見据えて勉強に励みました 。そして 3 年越しに掴んだ東大合格 🌸 「地獄のようでもう二度とやりたくない(笑)」 と感じるほど,超優秀な人たちと研究所で濃密な日々を過ごします。 2 日に1日は寝てないとかw 「他ではできない経験をしたし,卒業して良かった」 と満足気 o( ` ▽´ )o   山口先生は数学と物理を教えています。先生の中では 数学と物理は同じ感覚なようです 。 「問題は無限に作れる。それを限られた少ないルールを駒に答えを出していくのが痛快。」 先生の趣味はバスケットと読書。特技はタップダンス 。 大学ではバスケット部とタップダンスサークルに入っていました。バスケットは今でも見るのが趣味で, B リーグ・大学バスケ・高校バスケの中でもウインターカップが熱いようです 🔥 ( ・・・スペシフィックな会話ができてとても楽しかったです) オフの日は書店をぶらぶらと散策。福岡市のジュンク堂書店は専門書が豊富で好きでした。   さて新学期が始まりましたが,すでに目標がある人・まだ目標がない人さまざまだと思います。山口先生が話していたことは,   「目標がまだ決まっていない生徒は,とりあえず目の前の定期テストや模試を身近な目標にしましょう。いずれ目標ができた時に「普段」から頑張っていたことが大事になります。」   山口先生のように目標を設定して,夢を実現させましょう!

植嶋先生のご紹介

イメージ
本日は 3 月から新たに加入した 植嶋先生 をご紹介します。 植嶋先生はなんと,昔 TG で習っていた卒業生になります! 櫻井先生に教わっていました。 そして数年後,共に教育業界で仕事をする中で,ひょんなことで繋がりました。 植嶋先生は地元の自由ケ丘高校を卒業後,帝京大学法学部に進学。「授業をしない塾での校舎長」を経て, TG の学習トレーナーに就任しました 。 当時は 「勉強をしない生徒」 だったらしく,櫻井先生もとにかく褒めて伸ばしてくれていたようです。上京してからはそれこそ 「大学生らしい」 学生生活を送ります✨ バレーボールサークル に入って代表を務め,みんながワイワイ楽しめるように創意工夫をしたり, アルバイトでイベントスタッフや 西武ドームでフ ァールボールの笛吹 をしたりしました。 アルバイトをしながらライブを見れたりプロ野球観戦ができたようです ( o^―^o)♪ (植嶋先生と生徒が話している様子を見ると, 本当に「先輩と後輩」の関係です。フランクに話せる雰囲気があって,話題も抱負。その時の経験が現在の 円滑なコミュニケーションに活きています。) 前職ではどのような仕事をしていたのかというと,生徒の学習管理をサポートしていくものでした。生徒の現状を見て,志望校に応じて参考書のルートを提示し,生徒におこなってもらう。つまずきがあれば大学生講師に答えてもらう。 ただ講師の質がバラバラになっていたこと,福岡での知名度,「参考書だけで本当に大丈夫?」 といった疑念に苦労したようです。 (新規立ち上げを校舎長として一人であれもこれもやらなければいけなかったのは大変だったと思いますが, TG では先輩たちがバックアップしてくれるので,思い切って自分の長所を活かしながら励んでくれればと思います!) 植嶋先生も 1 年目。とにかく 明るく・楽しく✨ 受験生と 1 年を過ごしていきたいと思っています。ますます多様化していく入試制度の中で,先生には個々人に気を配り, 生徒の良き相談者となるような学習トレーナー兼アドバイザー になってくれるのを期待されています。

一色先生のご紹介

イメージ
今の時期, 3F の教室からは桜が見えます🌸 景色がとてもよいですね。 この教室で普段教えているのは 一色先生 です。 一色先生は一見静かな印象をお持ちになると思いますが,落ち着いて話せる雰囲気とユーモアがあり,話は尽きません。 一色先生は 15 年以上 TG で教えている数学・物理・化学の看板講師です。また PC 関係にとても詳しく何かあればすぐに解決してくれる, IT 担当大臣 でもあります。 TG には欠かせない存在です ✨ ご出身は愛媛です。物理に興味を持ったのは早く,中学生の頃は科学雑誌 Newton (ニュートン)を購読したり,アインシュタインの相対性理論に関心がありました。愛媛の田舎で育った科学少年は,やがては九州大学理学部そして大学院へと進み,自身物理を追求し続ける学徒となりました。 「程よく都会」 の福岡が好きだと話す一色先生。 当時の九州大学は教養科目を六本松地区で受けていたので, 1 ・ 2 年の頃は六本松と箱崎の間を自転車で往復する日々。アルバイトはスーパーや薬局でレジ打ちをしていたそうで す。居酒屋にも挑戦しましたが 1 ヶ月で辞めました(性に合わないでしょう笑) 音楽を聴くのが好きでそのお金を CD に費やしていました(ヘビメタも合いません笑) オフの日は音楽と数学。 ジャンルは変わりながらも,現在でも音楽を聴いてリラックスしています。 そして数学。黙々と解きます。 (なんだこれーーー!!!全然わかりません 😅 書籍代で月 10 万いくことも💦 専門書は高いようです。) 一色先生にはそれこそ『深 〜 い,真理を探究する科学者』のようなアドバイスを頂きました。 『わからない状態』とうまく付き合う。『どのくらい理解しているか』に興味をもつ。 すぐに答えを見てパターン暗記にならないように。 たとえそれで受験を突破したとしても,その態度では何も身に付かない。 (たとえ大学に入ったとしても,その学ぶ姿勢では何も身に付かないということです。数学に限らず,どの学問であれ「宙吊り」になる経験,決定不能なままに留め置く経験は大事です。その学習姿勢が,受験勉強をした一つの財産になればと願います。今の高校生には難しいと思いますが,一色先生には生徒に伝え続けて欲しいなと感じました。) 一色先生,含蓄のある深い話をありがとうございました!

嶋先生のご紹介

イメージ
本日ご紹介する先生は, いつも隣の教室から ペラペラな英語が聞こえてくる,米大学卒で NY 在住 10 年半,現地の旅行会社に勤めていた                                          嶋先生 です!   「こんなに流暢に話せたらいいなぁ」といつも刺激を受けております (^^;) !   「日本語」よりも「英語」を話している時間の方が多いです。帰国子女や海外留学者,ドクター,教員,ホテルのコンシェルジュなどなど,英語をビジネス・実務で使いこなせるようになる方たちを多く担当しています。   そう, TG を特異なものにしている存在が嶋先生なのです!   しかし 「高校生までは話せなかったし劣等感があった」「英文法は話すうえでとても重要」 といったギャップある発言が興味深いです 😁 嶋先生は,大学受験が一つの大きなターニングポイントになっています。 どこかに「心残り」があった受験時代。「人生最大の挫折」は「人生最大の決断」に至ります 。なんと! TOEFL を独学で勉強して,アメリカの大学ペンシルバニア州立大学に合格しました!!!(スケールが違います w )そして在学中にロシア語に興味を持ち,ロシアの名門大学サンクトペテルブルク大学で 1 年間学びます。卒業後は NY で旅行会社に 10 年勤めました 。 嶋先生は英語がペラペラに加えてロシア語も堪能です。 ( 嶋 ) 「複数の言語を知ることは,自分の中に複数のチャンネルが持てるようになること。文化の違いに加えて自分の視野・世界観が変わること」 だと言っています。言語を学ぶことについて詳しく聞いてみたい生徒は,実際に教室を覗いてみると快く引き受けて下さりますよ~。 教室といえば   猫様がたくさんいらっしゃいます。(知らないうちに増えていく w ) 先生も猫を飼っており ( みーにゃん推定 3 歳半 ) ,猫中心の生活です。毎日猫に救われています。 嶋先生には「話せるようになりたい」「聞き取れるようになりたい」と切に思っている人に向けてアドバイスをもらいました。 「まず英文法は非常に重要!しかし ( 話す際は ) 理論を必要以上に考えない。音を優先すること。そしてプライドは捨てて簡単な文でいいから作って声に出す

柴田先生のご紹介

イメージ
本日ご紹介する先生は,   ・板書する字がとてもきれいで ・声が大きくて元気! ・いつも清潔感のある身だしなみで ・いい塩梅で生徒と接する          柴田先生 です!   生徒目線・保護者目線に立った気遣いは,指導者としても一社会人としてもお手本にしていきたい姿勢です。 生徒・保護者だけでなく我々講師も,先生には「信頼感」と「安心感」を置いています 。 「板書の見やすさ」 と 「ハキハキおこなう説明」 は, TG の先生たちも「見習いたい」と口を揃えて言っています。 何より生徒にとって見やすい・聞き取りやすいのが一番ですね !   柴田先生は千葉県出身で,大学時代を東京で過ごし,学習塾のアルバイトをしていました。一度は専門分野の方面で大手総合建設会社に就くも,再び教育の現場へ。本格的に教えていくこととなります。 関東の有名な学習塾で小中学生を指導し,奥様のご実家の関係で福岡へと移りました。プロ家庭教師を経て,現在指導歴 26 年・ TG と医学部専門予備校でご活躍中です。 そのため指導学年・指導教科は多岐に渡り,高校・浪人生には数学や物理を教え,中学生には全教科いけます 。   複数教科を教えていることについて伺うと, ( 柴田 ) 「学び直してみると,違う教科間で『繫がり』または『共通点』があることに気づく。例えば『基本の重要性』は全てにおいてそう。それに,自分が複数科目を勉強すると,受験生の気持ちがわかる」   (・・・先生の教室には定番 & 最近の参考書がどっさり。指導科目でない地理もあります。落ち着いた 3 月に一気にインプットするようです。常に学ぶ姿勢を忘れない先生です。)   オフの日やストレス解消法など色々聞きましたが,とにもかくにも 「子供と過ごす今の時間」 だそうです!「普段なかなか一緒に居ていられないので」と口にしつつ,お子さんが 3 人ともバスケットボール 🏀 をしているようで,応援会場でビデオを回したりするそうです !(^^)! ただただ, 今はコロナの影響で試合を観に行けないのが残念です 😢   「さらっとでもいいから早めに終わらす。全

木嶌先生のご紹介

イメージ
本日紹介するのは                       木嶌先生 です! 木嶌先生は 数学・物理・化学 を教えています 。 先生とは共通の担当生徒も多く,みんな一様に 「優しい」「怒ったことを見たことがない」「ふわふわな雰囲気でこわくない(笑)」 と言っています。授業はどんな感じ?と聞いてみると, 「苦手なところまで戻って教えてくれる。説明した後に演習と復習をしてくれる」 「答えがあったら喜んでくれるし,『実際に成績も上がった』」 「複数の科目を大学受験レベルまで教えることができて凄い」   生徒に寄り添った指導と多才な面がうかがえます 。実際,数学・物理・化学は教えるウエートも毎年違うようで,先生方と連携して柔軟に対応してくれています。 生徒自身が一人できるようになることを考えてくれているので,苦手な生徒さんにとっては非常に頼りがいがあります! 木嶌先生は 九州大学工学部を卒業後,ハードディスク関連部品の品質管理をしてきた バリバリの理系 。 学生の時から 「典型的な理系」 だったようで,特に数式の意味を理解したり納得できた時に魅力を感じたそうです。 教育の道に進むとはまさか考えもしなかった学生時代。塾や家庭教師といったアルバイトはせずに工場や配送のお仕事に明け暮れていたそうです。そんな木嶌先生も今では TG で 12 年目・指導歴 21 年のスペシャリスト です。教育に情熱を捧げています。 「教育は自分とは最もかけ離れた仕事だと思っていました。だから生徒には『最初から自分の可能性を狭めない方がいいよ』とよく伝えています」 (・・・そうですね。高校生は視野狭窄に陥りがちだと思うので,このような先生からの社会経験に基づく話は生徒の視野を広げることに役立つはずです!) 最後に,木嶌先生から新受験生にアドバイスです。 「春休みのうちに高校 1 ・ 2 年生の範囲を完全網羅 & 終えておくこと。そこの準備ができているかどうかは大きい。」 優しい性格とは裏腹に,厳しい条件ですね!!しかし嘘 は優しさではないからですね。現実的に考えて,春休みの期間でここまでは頑張ってもらいたいという木嶌先生からのメッセージです。

中村先生のご紹介

イメージ
本日ご紹介する先生は, TOEIC 990 点満点 ・ Cambridge 英検 CAE ・ TESOL( 英語教授法 ) 取得 と, どれも 英検 1 級以上 の力がないと取得困難な実力を持ち,非常にご多忙で仕事熱心,かつ私野口を TG へ誘ってくれた頭が上がらない存在の (^^;)              中村先生 です! 中村先生の魅力は, 何と言ってもやはり「指導者」として秀でているだけでなく 「プレイヤー」 として優秀である点です 。上記の資格試験をお持ちの指導者は本当にいないので, 実力者としては福岡一 でしょう。 今後の TG 英語講師陣が目指すべきロールモデル だと言えます。 しかし先生の最大の魅力は, 大人になってから努力をされこのレベルの英語力を獲得された という点です 。 今回は先生の留学エピソードや英語力の変遷を中心に,深掘りしていきたいと思います ♪ 中村先生は TG で教えて 11 年目。外国語大を卒業後, オーストラリアのシドニー に 1 年半留学しました。 留学前の英語力は TOEIC で 780 点ほど 。しかしそこから留学中に努力をし,オーストラリアで Cambridge 英検 CAE , TESOL 資格 を取得。帰国後には TOEIC 930 点 になりました 。 (・・・初めから英語が得意だったんじゃなかったんですね。大人になってからきちんと努力をされてきたんだなと感じました。単に「留学した」から得られる英語力ではありません。 Cambridge 英検はリスニングが難解でリーディングも現代文のように思考力が要りますし,「英語を英語で教える」 TESOL 取得はまた別の難しさがあります。私も Cambridge CELTA に憧れがあるので大変興味深い話が聞けました。) 留学中は毎日朝から昼過ぎまで授業の 英語漬け 。 ( 中村 ) 「語る内容がなかったため始めは話せなかった」 日本人は自分の意見を言う訓練を学校でしてこないので難しいですね。 「その時の苦い経験を指導で活かして『これについてどう思うか』と生徒に考えさせています」 学校が終わると真っ先に向かった憩いの場は, Gloria Jea