中村先生のご紹介

本日ご紹介する先生は,

TOEIC 990点満点Cambridge英検CAETESOL(英語教授法)取得と,

どれも英検1級以上の力がないと取得困難な実力を持ち,非常にご多忙で仕事熱心,かつ私野口をTGへ誘ってくれた頭が上がらない存在の(^^;)


             中村先生です!


中村先生の魅力は,何と言ってもやはり「指導者」として秀でているだけでなく「プレイヤー」として優秀である点です。上記の資格試験をお持ちの指導者は本当にいないので,実力者としては福岡一でしょう。今後のTG英語講師陣が目指すべきロールモデルだと言えます。

しかし先生の最大の魅力は,大人になってから努力をされこのレベルの英語力を獲得されたという点です今回は先生の留学エピソードや英語力の変遷を中心に,深掘りしていきたいと思います


中村先生はTGで教えて11年目。外国語大を卒業後,オーストラリアのシドニー1年半留学しました。留学前の英語力はTOEIC780点ほど。しかしそこから留学中に努力をし,オーストラリアでCambridge英検CAETESOL資格を取得。帰国後にはTOEIC 930になりました

(・・・初めから英語が得意だったんじゃなかったんですね。大人になってからきちんと努力をされてきたんだなと感じました。単に「留学した」から得られる英語力ではありません。Cambridge英検はリスニングが難解でリーディングも現代文のように思考力が要りますし,「英語を英語で教える」TESOL取得はまた別の難しさがあります。私もCambridge CELTAに憧れがあるので大変興味深い話が聞けました。)


留学中は毎日朝から昼過ぎまで授業の英語漬け(中村)「語る内容がなかったため始めは話せなかった」日本人は自分の意見を言う訓練を学校でしてこないので難しいですね。「その時の苦い経験を指導で活かして『これについてどう思うか』と生徒に考えさせています」

学校が終わると真っ先に向かった憩いの場は,Gloria Jeans Coffee(グロリアジーンズコーヒー)というオーストラリア発祥のカフェ。





(店内がおしゃれですね。現地ではスターバックスよりも人気みたいです。)


Learning by doing「実践を通して学ぶ」という考えに先生の英語力向上の秘訣があるようです。留学費用を貯めるために始めた学習塾でのアルバイト。中高生に教えながらもそれが自分の勉強になりました。また某大手企業の社員に英語指導をした際に一度本格的にTOEIC研究をし,TOEICは公式問題集だけで満点を取れる」という秘訣を編み出し自ら実践。教える過程でTOEIC990点満点を獲得するに至りました。

傍から見ればとにかく仕事大好き先生。しかしオフの日は家族とドライブで糸島まで行ってお子さんと海を楽しむよきパパの一面も。そんな中村先生から新受験生へアドバイス。


「テクニック以前にブレない安定した基礎力の養成を。やはり安定した基礎力がある生徒は傾向が変わっても対応しています」

毎年レベルの高い生徒さんを相手に指導されている先生の言葉には説得力がありますね!

中村先生,ご協力ありがとうございました!

コメント

このブログの人気の投稿

高城先生のご紹介

野口先生のご紹介